リピーターさん

今日はリピーターさんとの最後のお別れをしました。長い間私を呼んでくれていたのですが、念願の彼女ができたらしく、それを機にデリヘル通いを辞めることを決心したそうです。長い付き合いだったので寂しい気持ちが強いですが、彼女を大切に想う気持ち、真剣な姿勢にすごく感動しました。きっと末長く幸せに暮らしていけるのではないかと陰ながら応援したいと思いました。しかもわざわざその話をするためだけに呼んでくれてプレイは一切なしだったので、彼の私への誠意も伝わってきました。彼との思い出話に花が咲きあっという間に時間が来てしまいました。「彼女と別れてまた私に会うようなことがないように、頑張ってね!応援してるね!」と最後は握手をしてお別れしました。素敵なお客様で本当に出会えてよかったなと思います。彼女と飽きたから、妻とやる気がしないから、妻がしてくれてないからという理由でやってくるお客様が多いですが、内心罪悪感や悲しい気持ちが湧き上がってしまいます。それでもプロとして精一杯尽くしますが、一時の気休めで問題は根本的に解決されていないので、モヤモヤした気持ちにもなってしまいます。そこまで首を突っ込んでしまったら逆に良くないと思うので身の程をわきまえて言わないことにしているのですが、ふとした時に考えてしまいます。こうゆう点で私はこの仕事が向いてないんだろうなぁと限界を感じる時があります。何かお客さんにとって良い方向に行けば良いのですが、逆に良くない方向に行っている気がしてそうゆう時は正直気分が晴れません。


今日は良い気持ちでお仕事を上がることができたので、家に帰ってからも明るい気持ちでした。こんな時にイラストを描くと良い感じに仕上がるので、頑張って描いてみました。いつの間にか熱中して気づけば深夜でした。ご飯も食べずにいたので、急に空腹感が押し寄せてきました。時間がたくさんあると思ってのんびりしているとあっという間に1日が終わってしまいますが、今日はたくさんやりたいことをやれたので充実感があります。時間に余裕ができても無駄に過ごしてしまっては意味がありません。大学生の時に時間に余裕があっても無駄な時間をダラダラ過ごしてしまいがちですが、社会人になると時間の大切さがわかってきます。家に帰ってからの時間があっという間すぎてやりたいことをやれずに次の日を迎えてしまいます。時間を有効に使うために目標をしっかり立てて自分を追い込むことが大切です。具体的にスケジュールをしっかり立てて計画的に進めていくことも大切です。ちょっとの積み重ねが大事なように、逆に毎日のだらけた時間のちょっとの積み重ねが長い年月となってしまいます。1年過ぎるのがあっという間だと感じるのは年を重ねるごとに強く感じていきます。あっという間に二、三年が過ぎ気がつけば年齢だけ重ねて、何も変われてないという悲劇に見舞われないためにも努力していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です