MENU

看護師転職時の履歴書の書き方 どんな内容を書けばいい?

看護師として転職する場合、面接で必ず必要となってくるのは履歴書です。ではどのような履歴書を提出すれば採用になりやすいのでしょうか?ここでは看護師の履歴書の書き方について紹介しましょう。

 

【履歴書の基本的な書き方】

履歴書の書き方は新卒で就職活動した時とは違い、転職の場合は前職のことについて詳しく書かなければなりません。その点が異なります。
まず日付を書く時には提出する日付を記入します。封筒で郵送の場合にはポストへ投函した日を書くようにしてください。写真に関しては3ヶ月以内に撮影した証明写真を貼ります。履歴書にスナップ写真を切ったものを貼る方がおられますが、これはよくありません。
学歴に関しては高校以降の入学、卒業年月を明記します。職歴に関しては在職中の場合は、現在に至ると記載。退職した場合には「一身上の都合で退職」と明記します。病院名に関しては正式名称で記入しなければなりません。免許や資格に関しても正式名称で取得した時期が古いものから記入します。業務的に関係のない資格に関しては趣味や特技の欄に記入するようにしましょう。

 

【ここは押さえておきたい履歴書の書き方のコツ】

看護師の転職で使用する履歴書を書く時にポイントとなるのはやはり志望動機と自己PRになるでしょう。仕事につながらないようなことは書かないようにし、応募先にどうして興味を持ったのか?どんな部分に魅力を感じているのか?などを書くとよいでしょう。また自分の今までのキャリアや今後のビジョンと結びついて具体的にかくことをおすすめします。志望動機に関しては面接時にも質問されることがよくありますのでしっかりと考えておきましょう。えっどうして!?看護師の求人をハローワークで探してはいけない理由3つ

 

【自己PRで今までのキャリアについて詳しく記載しよう】

自己PRは応募先に自分のよいところをアピールする場になります。転職後に自分がどのように活躍できるのか?自分の長所や今までの仕事での実績など具体的にアピールします。この時に積極的にアピールした方が採用になりやすいでしょう。
看護師転職4